アトピー性皮膚炎や乾燥肌では、ちょっとしたことが悪化の原因に!

アトピー性皮膚炎や乾燥肌では、ちょっとしたことが悪化の原因になります。
皮脂が付いた状態を洗い流さなかったり、かゆくて掻いてしまったり、添加物だらけの洗剤などで、皮膚を洗おうとしてしまうなど、少しの事でも悪化します。
他にも口にするものにおいても、体に良くない原因となる条件を排除しなければいけません。界面活性剤についての説明をします。本来混ざり合わない、水と油。界面活性剤は、これらを混ぜることのできる力を持った物質です。

どうしてそんなことができるかというと、水となじみやすい性質(親水性)と、油になじみやすい性質(親水性)を併せ持っているから。どういう効果があるかというと、タンパク汚れを水に溶かして落とすことができます。ですから、「汚れを落とす」ときに使うものには界面活性剤が含まれています。純石鹸でも、合成洗剤でもです。合成洗剤でというのは、主に石油系の界面活性剤を使った洗剤のことを指します。そうではなく、植物由来の界面活性剤である脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムだけを使用した製品を純石鹸と呼びます。

界面活性剤は洗剤や医薬品・化粧品・食品など私たちの生活のいろいろな場面で活躍しています。
合成界面活性剤は、人間が人工的に開発した物質で、その歴史はわずか数十年ほど。人間は、これを分解する酵素を備えていないと考えられ、そえゆえ、体内に侵入してくると害があるのではといわれています。洗濯の後に衣類に残っている合成洗剤の界面活性剤は、その浸透作用を肌の上で発揮し、傷などを通じて皮膚表面を突破します。そして体内で、水と油を混ぜる、つまり水分とも皮脂とも容易に混ざる性質によって、皮膚のバリア機能を奪ってしまいます。炎症や掻き傷の多いアトピー肌は、特に侵入経路が多いということになります。つまり、界面活性剤が容易に入ってきてしまうということです。その結果、バリア機能の破壊によって外部刺激を受けやすくなって痒みが生じ、掻き傷を増やして…終わりのないループに陥ってしまうのです。
スキンケアの悩みで乾燥肌での悩みが多いでしょう。
湿気がないと痒くなります。我慢できません。
では一体なぜ痒みが出るんでしょうか?痛点というのが関係しています。
痒みは痛いのと近い関係です。最新の試験でも分かっています。
乾燥における重要なケアは、最初に「水分」をお肌に与えましょう。
保湿・保水というものですね。
保水できるグッズでは、水分が入っているものです。
最も多い成分が水である化粧水や乳化させた乳液化粧品が保水におすすめです。
保水する強さとしては、クリームが弱くローションが高いです。
保湿型の肌は、レンガがきれいに積みあがった状態を保持していますが、角質が潤わなくなってくると、つなぎ合わせているセラミドなどの細胞間脂質が無くなって、バラバラになった状態、つまり隙間が多くなっている状態になってしまって痒みを感じやすくなるんです。
「浸透作用」「乳化作用」「分散作用」という性質によって説明できます。これらが、油汚れなどのしつこい汚れを落とす、という効果を生んでいるのです。まず、汚れを溶かす水を繊維に入って行かせる役割が「浸透作用」。水をはじきやすいウールなどの繊維に、洗剤入りの水が浸み込んでくれるのはこの作用のおかげです。,皮膚も水をはじきやすいので、この「浸透作用」によって水分を受け入れやすくなるのです。次に「乳化作用」「分散作用」が働きます。脂の汚れを落として、繊維から引きはがして細かい粒子にし、水に放出します。ここで、かたまりの汚れが細かく分散されることで、衣服に戻りにくくなるのです。
水だけをかけてもはじいてしまう繊維にも、水分が浸透してくれます。皮膚も同様で、界面活性剤の浸透作用を受けて、水が浸透しやすくなります。次に働くのが「乳化作用」「分散作用」です。脂の汚れを「乳化作用」によって水と混ぜ、「分散作用」によって水中に分散させます。汚れを水中に細かく分散させることで、衣服に戻ってしまうことを防ぐ、ということです。
もちろん、この隙間は、刺激のある異物がしんゆうしてきやすく(目に見えない菌など)、それらの物質に反応して、ムズムズしてかゆくなります。
同時に、乾燥によって角質層内に侵入した痒みの神経線維は、バラバラの角質では、より痒みを感じやすいつくってしまいます。
先ほどから出ているこの神経線維は、角質層の潤いが健全に保持された状態になると、角質層ではなく真皮までしか伸びなくなります。やはりスキンケアで重要なのは「皮膚表面の角質層を保湿しておくこと」が大切になります。痒み神経が角質ではなく、真皮までに保っておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *