乾燥してカサカサのスキンケアで、最初に「水分」をお肌に与えましょう

乾燥してカサカサのスキンケアで、最初に「水分」をお肌に与えましょう。
保湿・保水というものですね。保水できるグッズでは、「水分」を含んだものになります。水が多く含まれているローションやクリーム系のジェルといった通販や市販のグッズがおすすめです。
保湿効果が高いのは、ローションとジェル系が高いです。衣類に付着した界面活性剤は、汗をかきやすい夏場など、汗に溶けて繊維から浸み出し、今度は肌に付着しやすくなります。合成洗剤で洗濯をすると、ごわつきが気になって、柔軟剤を併用することも多いようです。柔軟剤もまた、界面活性剤の作用を利用しているものです。そもそも柔軟剤とは、繊維に油を多く残すことで、柔らかさを出すものです。この油が繊維に残るときに、界面活性剤も一緒に残留します。,合成洗剤、柔軟剤の両方の界面活性剤を含んだタオルで顔を拭くのは、界面活性剤を顔に塗るようなものです。
合成界面活性剤は、開発されて数十年の新しい物質です。人体には、合成界面活性剤が体内に入ったときに分解する酵素がないといわれているので、皮膚から体内に入ることで、害が発生する可能性があります。洗濯をして水ですすいでも衣類に残った界面活性剤は、その浸透作用のために、傷などを通じて肌の内側に入ってきます。そして、今度はその水と油を混ぜ合わせる性質によって、皮膚の水分にも皮脂にもなじんでしまい、皮膚表面のバリアを破壊してしまいます。

特に、炎症や掻き傷があるアトピー肌は、侵入する隙間もたくさんある状態です。そうすると、界面活性剤の刺激を受けやすくなってしまい、さらなる痒みの原因になる…という悪循環が発生します。
皮膚のトラブルで、多いのが肌の乾燥です。乾燥すると痒みが出て、辛すぎます。では一体なぜ痒みが出るんでしょうか?痛点というのが関係しています。痒みは痛いのととても近い関係です。
大学の研究で、分かってきました。

今から砂をしっとり湿らせる、ということを想像してください。当然、水を撒きますよね。十分水を撒かれた砂にシートをかければ、湿り気は保たれます。ここで、水撒きを飛ばして、シートだけかぶせて、砂は湿ってくれますか?元々の乾燥は、自動的に水が湧きあがってこない限りそのままです。保水をしなければ、保湿も保護もあったものではありません。保湿や保護というのは、まずは保水あってのもの。保水された肌を蒸発から守って、改善していく、ということを、肌の弱い方は特に、大切にしてください。
それから、シートをかぶせるという手順になります。水を撒かないで(水分を与えないで)表面の保湿だけしても、今ある乾燥状態は改善されない、ということです。スキンケアの第一歩は、まず保水にある、ということがわかります。まず保水があって、そして保湿や保護をして、保水された状態を保ち、高める、ということを、特に、肌の弱い方には必要なのです。
界面活性剤が汚れを落とす仕組みを、具体的に述べます。キーワードは「浸透作用」「乳化作用」「分散作用」です。油汚れなどのしつこい汚れを、この3つの作用で落としていきます。「浸透作用」とは、物に水をしみ込みやすくする性質のことで、界面活性剤を水に溶かすと、ウールなどの水をはじきやすい繊維にも、水分を浸透させることができます。同じことは皮膚にもいえます。界面活性剤入りの水は、皮膚にもしみ込みやすいのです。「乳化作用」は水と油を馴染ませる性質、「分散作用」は水の中に物質を放出する性質です。これで脂汚れを引きはがし、水に預けるのです。水に放出されることで、汚れが衣服に戻りにくくなるのです。
乾燥肌やアトピー肌をお持ちの方のスキンケアに水をまかずに、シートだけかけるのと似たようなことです。シートは、これ以上の乾燥を防ぐ役割で、それ以上のものではありません。乾燥してしまった肌の改善には、,あまり期待できないのです。
残念ながら至らないのです。
かゆくなることを知覚する神経の繊維は、健常な方の肌では、皮膚のかなり中までしか伸びていません。
しかし、皮膚の表面の角質が乾燥する、そう、肌が乾燥すると、痒みを判断する神経線維が、角質部に、伸びてくることが、把握されています。
「保護」これが、スキンケアの三本柱です。肌の様子と相談しながら、バランスよく行いましょう。たとえば、夏なら湿度が高く、汗もかきやすいので、肌表面の湿り気も保たれやすくなっています。ですから、必要なのは内側の水分を逃がさない「保水」。逆に冬場は空気も乾きがちで、さらに暖房による乾燥もあります。こんなとき、保水だけしていても水分は逃げてしまうので、保湿をしっかりとする必要があるのです。ここで大事なのは「ほどほど」。保水も保湿も、やりすぎは肌に良くありません。肌の内側と外側の様子をよく観察して、何が必要かをよく見極めてください。
かゆいという事を脳に伝える神経は、角質なの保湿成分が水分が保たれている状態になると、真皮内まだ戻ってくることが分かっています。やはりスキンケアで重要なのは「角質層の保湿状態を保つこと」が大切になります。
痒みの神経を皮膚表面ではなく、真皮内の部分までに保持しておきましょう。
もちろん、この隙間は、異物が中に入ってきやすく(アレルギーや原因菌など)、それらが免疫反応を示し、ムズムズしてかゆくなります。
さらには、乾燥している角質層内に入ってきた痛みやかゆみが分かる繊維は、すき間だらけの角質層の状態では、より痒みを感じやすい演出してしまいます。
健康な肌は、レンガがきれいに積みあがった状態を保っていますが、角質層が乾燥してくると、繋ぐセラミドなどの細胞間の脂質が減り続けて、レンガが崩壊した状態、そう、細胞に隙間ができている状態になって刺激を受けやすくなるんです。蜚千ェ√〒縺吶′縲√界面活性剤」という言葉を聞いたことはありますか。,界面活性剤は、「水と油を混ぜる」という、一見「えっ?」と思うことを叶えてくれる物質です。どういうことかというと、右手が水になじみやすく(親水性)、左手が油となじみやすい(親油性)ので、二つをつなぐ役割を果たすことができるのです。水だけでは落ちないタンパク汚れを落とすためには、この界面活性剤の性質を利用します。,洗剤で汚れを落とす、というのはそういうことなのです。

合成洗剤も純石鹸も、界面活性剤を使っていることになるのです。これらがどう違うかというと、合成洗剤に使われる界面活性剤は主に石油から生成され、純石鹸の界面活性剤は、すべて植物性です(脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム)。洗剤のことを、純石鹸と呼ぶのです。界面活性剤は、こうして洗剤に使うほか、医薬品・化粧品・食品などバリア機能での保護は重要で、ダメージを受けた肌はバリア機能も低下しており、外部からの異物が侵入しやすくなっています。だから、乾燥状態とは別にダメージがある肌に関しては、バリア機能の代わりとなる保護を考えたスキンケアも大切になります。,保護に役立つアイテムとしては、固形のオイル系アイテム、保護成分が含まれたクリーム系アイテム、または包帯のように肌を覆うもの、肌を保湿するか包帯で皮膚をバリアするのが即効性もある方法でしょう。

アトピーでまつ毛が抜けてしまう方へ

アトピー肌の場合はかゆくてよく目をこすってしまいがちです。目をこするとまつ毛が抜けたりダメージが加わり傷ついてしまいます。

そうなると女性として大切な目元の印象が薄くなってしまうんですね

そんな場合はまつ毛美容液がおすすめです。掻かないことが最も大切ですが寝ている間に掻いてしまうんですよね(汗)まつ毛美容液と言っても市販で売っているのではなく、低刺激で効果の高いものを選びましょう。特に私がおすすめしたいのはさくらのフォレスト株式会社のディアモストアイラッシュですね。

参考サイト:ガチ口コミ!「ディアモストアイラッシュ」まつ毛美容液の効果は?

是非参考にしてみてくださいね。

アトピーや乾燥肌の場合、些細な事でも悪化してしまうことがあります。ベトベトの肌の状態を放置していたり、かゆくて掻いてしまったり、肌に悪い刺激物質の石鹸で、頭や手を洗ってしまうなど、悪化の原因がたくさん潜んでいます。
他にも口にするものにおいても、アレルギー症状を引き起こす可能性のある原因となる条件を排除しなければいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *