スキンケアの基本は「保水」「保湿」「保護」に尽きる!

スキンケアの基本は「保水」「保湿」「保護」、これを肌の状況に合わせて行うことが重要です。例えば湿度が高い夏場は汗もかくため、,乾燥しにくいと状態となっています。この場合は保湿ではなくて保水が中心となってきます。逆に乾燥する冬場のスキンケアは、保水だけなく保湿することも必要です。そして、逆に過度に保湿と保水をしてしまうと過剰なスキンケアになりかねません。自分の肌の状況、外的な要因を総合的に考えて肌が弱い方の場合、何気ないことで悪くなってしまいます。
汗を洗い流さなかったり、かゆくて掻いてしまったり、刺激性の強い洗剤や石鹸で、敏感な部分を洗ってしまうなど、肌には負担になってしまいます。
食生活やストレスなど、刺激につながりやすくなる原因をなくしたいですね。損なわれたバリア機能を回復させるのも、スキンケアのたいせつなプロセスです。そのためには何を使ってケアすればいいのでしょう?まず、オイル系のアイテムに、皮脂の代わりをしてもらうことが挙げられます(常温で固形、人肌で溶けるものにしてください)。それから、肌を保護する成分を含んだクリーム。あるいは、ちょっと発想を変えて、肌を覆ってしまう物(包帯とか)。保湿をするか、包帯などで保護してあげるのが、原始的ですが最も間違いない方法です。
そうなると、この隙間から、外からの異物が入ってきやすく(アレルギーや原因菌など)、そういった刺激に反応して、痒みを感じやすくなります。
さらには、乾燥している角質層内に入ってきた痛みやかゆみが分かる繊維は、すき間だらけの角質層の状態では、より多くの刺激による痒みを感じやすい状態を演出してしまいます。
本来混ざり合わない、水と油。界面活性剤は、これらを混ぜることのできる力を持った物質です。どうしてそんなことができるかというと、水となじみやすい性質(親水性)と、油になじみやすい性質(親水性)を併せ持っているから。どういう効果があるかというと、タンパク汚れを水に溶かして落とすことができます。ですから、「汚れを落とす」ときに使うものには界面活性剤が含まれています。純石鹸でも、合成洗剤でもです。合成洗剤でというのは、主に石油系の界面活性剤を使った洗剤のことを指します。そうではなく、植物由来の界面活性剤である脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムだけを使用した製品を純石鹸と呼びます。界面活性剤は洗剤や医薬品・化粧品・食品など多くの生活必需品に使われています。
痒みを判断すると言っている神経線維は、角質層の潤いが水分が保たれている状態になると、真皮内まだ戻ってくることが分かっています。
結果、スキンケアで必要なのは角質の乾燥を防ぐことが最も重要なんですね。
痒み神経が角質ではなく、真皮質までに保持しておきましょう。

界面活性剤が繊維に残留するのです。界面活性剤を残した衣類を着ると、夏場などは汗をかくので、界面活性剤は汗に溶けだして、より肌に付着しやすい状態となります。それに、合成洗剤の洗浄力は繊維から柔らかさを奪ってしまい、ごわつきがちとなります。そこで、よく使われるのが柔軟剤です。ところが、この柔軟剤にも、界面活性剤がたくさん入っています。柔軟剤は、衣類にあえて油を残すことで、柔らかさを出すものです。油を衣類に残留させるとき、ここでもまた、界面活性剤がついてくるのです。合成洗剤で洗ったタオルに柔軟剤を使うことで、残留界面活性剤が増えてしまうので、それで顔を拭けば界面活性剤が肌に移ることになります。
健常な肌は、隙間が埋まっている状態を形成していますが、角質が潤わなくなってくると、つなぎ合わせているセラミドなどの細胞間の脂質が減って、積み木が崩壊した状態、つまり隙間が多い状態になってしまうので刺激を感じやすくなってしまうんです。
荵セ辯・閧後d繧「繝医ヴ繝シ閧後r縺頑戟縺。縺ョ譁ケ縺ョ繧ケ繧ュ繝ウ繧ア繧「縺ォ繧キ繝シ繝医□縺代°縺カ縺帙※縺k繧医≧縺ェ繧ゅ縺ァ縺吶,シートをかぶせることでこれ以上の乾燥は防げても,元もとの乾燥状態の緩和には残念ながら至らないのです。
乾燥における重要なケアは、すぐに始めれるのは水分を与えることです。保湿・保水というものですね。
よくある保水の商品として、水分が入っているものです。
水が構成する成分で主な成分であるローションやクリーム系のジェルといった薬局でも売っている商品でも役立ちます。
保水する強さとしては、ローションで次にジェル系です。
ソ逡碁擇豢サ諤ァ蜑、縺梧ア壹l繧定誠縺ィ縺吩サ慕オ∩繧偵#邏ケ莉九@縺セ縺吶,界面活性剤は「浸透作用」「乳化作用」「分散作用」という3つの作用を持っています。,この3つの作用が衣類についた油世ぼれなどのしつこい汚れを落とします。,界面活性剤を入れた水であれば「浸透作用」の働きで、,水をはじきやすいウールなどの繊維でも簡単に浸み込みます。,このため皮膚からも非常に浸透しやすくなっています。,「乳化作用」「分散作用」は、,脂の汚れを落とし、粒子を水中に分散させます。,分散させることにより、,衣服に再付着しにくくする働きです。
合成界面活性剤は、開発されて数十年の新しい物質です。,人体には、合成界面活性剤が体内に入ったときに分解する酵素がないといわれているので、,皮膚から体内に入ることで、害が発生する可能性があります。,洗濯をして水ですすいでも衣類に残った界面活性剤は、,その浸透作用のために、傷などを通じて肌の内側に入ってきます。,そして、今度はその水と油を混ぜ合わせる性質によって、,皮膚の水分にも皮脂にもなじんでしまい、皮膚表面のバリアを破壊してしまいます。,特に、炎症や掻き傷があるアトピー肌は、侵入する隙間もたくさんある状態です。,そうすると、界面活性剤の刺激を受けやすくなってしまい、,さらなる痒みの原因になる…という悪循環が発生します。
乾燥した砂に水分を含ませるときは、,もちろん、砂場に水を撒いて水分を含ませてスキンケアの悩みで困った悩みが乾燥です。
粉が吹いてかゆくなり、辛すぎます。なぜ痒みが出るのでしょうか?実は痛みの点というのがあります。かゆさ痛さは密接に関係しています。大学の研究で、分かっています。
かゆさを判断する神経は、健康な方では、真皮の内側までしかありません。
でも、真皮の上の皮膚の空気を触れ合う場所が乾燥するつまり皮膚表面がカサカサになると痒みを判断する神経線維が、角質の中に、浸透してくることが、承認されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *