界面活性剤の親水性で汗となじんで夏場は危険!

汗をかきやすい夏場などは特に、界面活性剤の親水性で汗となじんで溶け出し、肌に付着します。それだけではありません。合成洗剤で洗った衣類はどうしてもごわつくので、柔軟剤を使う人も多いようです。この柔軟剤も、界面活性剤を多く含んでいます。柔軟剤がなぜ衣類を柔らかく仕上げるかというと、油を繊維に残すからです。そうすると、親油性のある界面活性剤も、衣類に残りやすいこととなります。合成洗剤と柔軟剤から界面活性剤を残されたタオルで顔を拭けばどうなるか、おわかりですね。
トラブル肌で悩みの方で、多いのが肌の乾燥です。
カサカサになると痒くなり、我慢できません。
痒みの原因を知っていますか?痛点というのが関係しています。
痛さとかゆさは密接に関係しています。研究によって分かっています。

界面活性剤は、「水と油を混ぜる」という、一見「えっ?」と思うことを叶えてくれる物質です。どういうことかというと、右手が水になじみやすく(親水性)、左手が油となじみやすい(親油性)ので、二つをつなぐ役割を果たすことができるのです。水だけでは落ちないタンパク汚れを落とすためには、この界面活性剤の性質を利用します。洗剤で汚れを落とす、というのはそういうことなのです。合成洗剤も純石鹸も、界面活性剤を使っていることになるのです。これらがどう違うかというと、合成洗剤に使われる界面活性剤は主に石油から生成され、純石鹸の界面活性剤は、すべて植物性です(脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム)。界面活性剤は、普段私たちが使っている洗剤や医薬品・化粧品・食品など、いろいろなところに、実はその性質を利用されているのです。
私たちの生活のいろいろな場面で活躍しています。
保湿型の肌は、隙間を埋める状態を形成していますが、角質が潤わなくなってくると、繋ぎ合わせているセラミドなどの細胞間脂質が無くなって、細胞が崩れた状態、結果、細胞間に隙間がある状態になってしまうので刺激を受けやすくなるんです。

乾燥した砂を、湿った砂に変えたいとき、まず何をしますか?簡単ですね、水撒きです。さらに蒸発から守るために、シートをかぶせれば完璧です。肌にとっての「保水」は、この水撒きと同じ。いくら保湿、保護をしても、保水を飛ばしてしまっては、乾燥が改善されることはありません。保水なくしてスキンケアなし、です。保水された肌だからこそ、保湿や保護の意味もあるというもの。保水された状態から再び乾燥するのを防いで、さらに健やかにしていく、ということを踏まえたスキンケアを、とりわけ肌の弱い方に、心がけてほしいと思っています。
それから、シートをかぶせるという手順になります。水を撒かないで(水分を与えないで)表面の保湿だけしても、今ある乾燥状態は改善されない、ということです。スキンケアの第一歩は、まず保水にある、ということがわかります。まず保水があって、そして保湿や保護をして、,保水された状態を保ち、,高める、ということを、特に、肌の弱い方には必要なのです。
洗濯の後に衣類に残っている合成洗剤の界面活性剤は、その浸透作用を肌の上で発揮し、傷などを通じて皮膚表面を突破します。そして体内で、水と油を混ぜる、つまり水分とも皮脂とも容易に混ざる性質によって、皮膚のバリア機能を奪ってしまいます。炎症や掻き傷の多いアトピー肌は、特に侵入経路が多いということになります。つまり、界面活性剤が容易に入ってきてしまうということです。その結果、バリア機能の破壊によって外部刺激を受けやすくなって痒みが生じ、掻き傷を増やして…終わりのないループに陥ってしまうのです。
かゆくなることを知覚する神経の繊維は、健康な方では、真皮内までしか伸びていません。
しかし、真皮の上を覆う角質がカサカサになる、粉が吹くくらいに乾燥すると、痒みを判断する神経線維が、角質の中に、入ってくることが、把握されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *