乾燥肌は異物が中に入ってきやすく免疫反応を示す!

もちろん、この隙間は、異物が中に入ってきやすく(アレルギーの元になる成分など)、それらが免疫反応を示し、かゆさが生まれます。
それと同時に水分を失うことによって乾燥した角質内に侵入した痛みやかゆみが分かる繊維は、細胞間がすき間だらけの角質では、余計に様々な刺激を痒みを知覚しやすい状況を作り出しやすくなります。アトピー肌などの敏感肌の場合、生活の中に悪化する原因が潜んでいます。
汗をかいたまま放置していたり、かゆさに負けてかきむしったり、肌に悪い刺激物質の石鹸で、皮膚を洗おうとしてしまうなど、悪化の原因がたくさん潜んでいます。普段食べるものや精神的な負担など、ちょっとしたことでアレルギー反応が出る原因をなくしていくことが大切です。

合成洗剤に使われる界面活性剤は主に石油から生成され、純石鹸の界面活性剤は、すべて植物性です(脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウム)。製品を純石鹸と呼びます。界面活性剤は洗剤や医薬品・化粧品・食品など合成洗剤には、水ですすいでもある程度繊維に付着して残る性質があります。そうさせているのは、界面活性剤です。界面活性剤が残留するのです。衣類に付着した界面活性剤は、汗をかきやすい夏場など、汗に溶けて繊維から浸み出し、今度は肌に付着しやすくなります。合成洗剤で洗濯をすると、ごわつきが気になって、柔軟剤を併用することも多いようです。柔軟剤もまた、界面活性剤の作用を利用しているものです。そもそも柔軟剤とは、繊維に油を多く残すことで、柔らかさを出すものです。この油が繊維に残るときに、界面活性剤も一緒に残留します。合成洗剤、柔軟剤の両方の界面活性剤を含んだタオルで顔を拭くのは、界面活性剤を顔に塗るようなものです。
痒みを判断すると言っている神経線維は、角質層内の水分が健全に保持された状態になると、角質層ではなく真皮までしか伸びなくなります。
やはりスキンケアで重要なのは「角質層の保湿状態を保つこと」が大切になります。
痒みの神経を皮膚表面ではなく、真皮内の部分までにしておきましょう。これらを、肌の状態に合わせて行うのがスキンケアの中身です。必要なスキンケアの内容は、気候によっても変わります。夏なら、湿度も高いし汗もかきやすい。,肌も、表面が乾燥しにくくなります。そうすると、保湿は控えめでも十分なので、スキンケアは「保水」がメインになります。これに対し、冬場は空気も肌も乾燥しがちです。ここでは、保湿をして水分にフタをすることが必要になってきます。いずれにしても、やりすぎはかえって肌に負担をかけてしまうので、今何が必要か、頭で考え、肌で感じて、適度に行いましょう。
合成界面活性剤は、人間が人工的に開発した物質で、その歴史はわずか数十年ほど。人間は、これを分解する酵素を備えていないと考えられ、そえゆえ、体内に侵入してくると害があるのではといわれています。洗濯の後に衣類に残っている合成洗剤の界面活性剤は、その浸透作用を肌の上で発揮し、傷などを通じて皮膚表面を突破します。そして体内で、水と油を混ぜる、つまり水分とも皮脂とも容易に混ざる性質によって、皮膚のバリア機能を奪ってしまいます。炎症や掻き傷の多いアトピー肌は、特に侵入経路が多いということになります。つまり、界面活性剤が容易に入ってきてしまうということです。その結果、バリア機能の破壊によって外部刺激を受けやすくなって痒みが生じ、掻き傷を増やして終わりのないループに陥ってしまうのです。

肌を自分自身のバリア機能でもって守ることは重要です。ところが、肌がダメージを受けると、このバリア機能が損なわれます。その結果、起こってしまうのが外部からの異物の侵入。乾燥ケアももちろん大事ですが、損なわれたバリア機能を回復させるのも、スキンケアのたいせつなプロセスです。そのためには何を使ってケアすればいいのでしょう?まず、オイル系のアイテムに、皮脂の代わりをしてもらうことが挙げられます(常温で固形、人肌で溶けるものにしてください)。それから、肌を保護する成分を含んだクリーム。あるいは、ちょっと発想を変えて、肌を覆ってしまう物(包帯とか)。保湿をするか、包帯などで保護してあげるのが、原始的ですが最も間違いない方法です。
普通の肌は、レンガがきれいに積みあがった状態を作っていますが、角質層の水分が減少すると、つなぎ合わせているセラミドなどの細胞間の保湿剤が減って、レンガが崩壊した状態、つまり細胞が離れてしまっている状態になるので痒みを感じやすくなるんです。トラブル肌で悩みの方で、困った悩みが乾燥です。
乾燥すると痒みが出て、我慢できません。
痒みが出る理由を知っていますか?痛みの点「痛点」が関係しています。痛いのとかゆいのはニアリーイコールです。
臨床結果でも話題になっています。
むずがゆさを判断する神経線維は、綺麗な肌の方では、真皮の中までしか伸びていません。
しかし、真皮の上を覆う皮膚の空気を触れ合う場所が乾燥する粉が吹くくらいに乾燥すると、痒みを認知する神経線維が、角質層の中に、入ってくることが、把握されています。
乾燥における重要なケアは、まず初めに水分を補給することです。
これが「保水」です。
よくある保水の商品として、水が入ったものです。水が構成する成分で主な成分であるローション系のアイテム、あるいは水分を乳化させて含んだクリーム系・ジェル系の薬局でも売っている商品でも役立ちます。
保湿に優れているのは、クリームが弱くローションが高いです。
界面活性剤が生活に役立つ例として「汚れを落とす」作用を見てみましょう。ここで利用するのは、界面活性剤の「浸透作用」「乳化作用」「分散作用」という3つの作用です。油汚れなど、しつこい汚れを洗剤で落とすというのは、界面活性剤のこの作用によるものです。界面活性剤を入れた水は、「浸透作用」によって、ウールなどの水をはじきやすい繊維にも入っていきやすくなります。,皮膚も、水をはじきやすい性質ですから、水分をしみこませたいときには界面活性剤の浸透作用を利用できます。続いて「乳化作用」「分散作用」について説明します。これらは、,脂汚れは大きなかたまりになっているので、繊維からはがして細かくし、粒子を水中に分散させる作用です。汚れを細かく分散させると、せっかく水に溶けた汚れが衣類に再びついてしまうことを防ぐことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *