界面活性剤の「浸透作用」「乳化作用」「分散作用」という3つの作用とは?

ここで利用するのは、界面活性剤の「浸透作用」「乳化作用」「分散作用」という3つの作用です。油汚れなど、しつこい汚れを洗剤で落とすというのは、界面活性剤のこの作用によるものです。界面活性剤を入れた水は、「浸透作用」によって、ウールなどの水をはじきやすい繊維にも入っていきやすくなります。皮膚も、水をはじきやすい性質ですから、水分をしみこませたいときには界面活性剤の浸透作用を利用できます。

 

続いて「乳化作用」「分散作用」について説明します。これらは、脂汚れは大きなかたまりになっているので、繊維からはがして細かくし、粒子を水中に分散させる作用です。汚れを細かく分散させると、せっかく水に溶けた汚れが衣類に再びついてしまうことを防ぐことができます。
みなさんは「界面活性剤」というものを知っていますか。水と油を混ぜることのできる物質を、「界面活性剤」といいます。パズルのピースにたとえると、水と油の凹凸は合いませんが、界面活性剤は、水にはまる辺と油にはまる辺を両方持っているので、間に入ることでこの二つをつなぐことができる、というイメージです。

私達は普段何気なく、水だけで落ちないタンパク汚れを落とすために、洗剤を使いますね。この洗剤が界面活性剤です。合成洗剤、純石鹸ともに、このタンパク汚れの性質を利用しています。合成洗剤は、石油系の原料から作られた界面活性剤を使った洗剤で、植物由来の界面活性剤である脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムだけを使った洗剤のことを、純石鹸といっています。界面活性剤の性質はいろいろなところで利用されており、洗剤のほか、医薬品、化粧品、食品にも、,広く利用され、私たちの生活に役立っています。
界面活性剤は、普段私たちが使っている洗剤や医薬品・化粧品・食品など、いろいろなところに、実はその性質を利用されているのです。
多くの生活必需品に使われています。

バリア機能での保護は重要で、ダメージを受けた肌はバリア機能も低下しており、外部からの異物が侵入しやすくなっています。だから、乾燥状態とは別にダメージがある肌に関しては、バリア機能の代わりとなる保護を考えたスキンケアも大切になります。保護に役立つアイテムとしては、固形のオイル系アイテム、保護成分が含まれたクリーム系アイテム、または包帯のように肌を覆うもの、肌を保湿するか包帯で皮膚をバリアするのが即効性もある方法でしょう。
保湿型の肌は、隙間を埋める状態を保っていますが、角質層が乾燥してくると、繋ぎ合わせているセラミドなどの細胞間の脂質が減って、レンガが崩壊した状態、つまり細胞が離れてしまっている状態になってしまうので痒みを感じやすくなるんです。」「保護」これが、スキンケアの三本柱です。

肌の様子と相談しながら、バランスよく行いましょう。たとえば、夏なら湿度が高く、汗もかきやすいので、肌表面の湿り気も保たれやすくなっています。ですから、必要なのは内側の水分を逃がさない「保水」。逆に冬場は空気も乾きがちで、さらに暖房による乾燥もあります。こんなとき、保水だけしていても水分は逃げてしまうので、保湿をしっかりとする必要があるのです。ここで大事なのは「ほどほど」。保水も保湿も、やりすぎは肌に良くありません。,肌の内側と外側の様子をよく観察して、何が必要かをよく見極めてください。
かゆさを判断する神経は、健康な方では、皮の内側までしか伸びません。
でも、真皮の上の角質が乾燥する、皮膚の水分がなくなると、痒みを判断する神経線維が、角質の中に、入ってくることが、把握されています。

シートは、これ以上の乾燥を防ぐ役割で、それ以上のものではありません。乾燥してしまった肌の改善には、あまり期待できないのです。
そうなると、この隙間から、外からの異物が入ってきやすく(アレルギーの元になる成分など)、免疫が反応して、ムズムズしてかゆくなります。
また、水分がない角質層内に侵入したかゆさを判断する神経は、隙間が埋まっていない角質では、より多くの刺激による痒みを感じやすい状態を作り出しやすくなります。乾燥肌に対するケアとして、最初に「水分」をお肌に与えましょう。保水と言います。
保水できるグッズでは、保湿水分が含まれているものになります。最も多い成分が水であるローション系のアイテム、あるいは水分を乳化させて含んだクリーム系・ジェル系の薬局でも売っている商品でも役立ちます。
保湿に優れているのは、ローションとジェル系が高いです。
対策(具体的には分解して無害にする酵素ですね)はまだないとのことです。そのため、皮膚から浸透した界面活性剤が、体内で悪さをするおそれがあるのです。これも界面活性剤の性質によって起こることです。合成洗剤の界面活性剤が残った繊維から、,浸透作用を再び発揮して、傷などを通じて皮膚表面から体内に侵入してきます。そして、水と油を混ぜ合わせるというその最大の特徴から、体内の水分、そして皮脂ともあっという間に混ざり、皮膚表面のバリア機能にダメージを与えます。アトピー性皮膚炎の方の場合、炎症や掻き傷が多いので、肌表面から洗剤の成分が侵入しやすい状態になっています。そのような状態の肌は、界面活性剤の侵入を簡単に許してしまい、肌はむずむずと痒くなります。それでつい掻き傷を増やして…出口がありません。
合成洗剤はある一定量衣類に付着することが分かっています。この残留した成分が界面活性剤です。夏場は汗をかきやすいために衣類に付着した界面活性剤が汗によって溶け出していっそう肌に付着しやすくなります。また、合成洗剤で洗うとごわつきが気になり、洗濯時に柔軟剤を使いたくなっていまいます。柔軟剤にも多くの界面活性剤が使用されていています。柔軟剤は意図的に繊維に油分を残すことで柔らかく仕上げるため、界面活性剤も必ず付着しています。タイツで顔を拭けばそのたびに界面活性剤を付けていることになります。
この痒みを知覚する神経線維は、角質の中にある水分が保湿されている状態になると、真皮内まだ戻ってくることが分かっています。
やはりスキンケアで重要なのは「角質層の保湿状態を保つこと」が最も重要なんですね。
神経線維が表面までいかないように真皮の部分までにしておくのがベストです。
トラブル肌で悩みの方で、多いのが肌の乾燥です。
痒みがおさまらないんですよね。辛すぎます。では一体なぜ痒みが出るんでしょうか?痛点というのが関係しています。
かゆさ痛さは非常に似ているという事です。現代では証明されています。
ソ萓九∴縺ー荵セ辯・縺励◆遐ゅ蝣エ蜷医縲まず砂場に水を撒きますよね。,シーをかぶせる必要があるでしょう。,水分を与えない=保水を行わずに、保湿だけを行っているのでは、,元からある乾燥状態では改善せずに、肌の乾燥状態も改善されにくいです。,スキンケアの基本は、まず保水にあることも忘れないでください。,そのうえで保湿や保護により、,保水の状態を維持して、,高めるようなスキンケアを,肌の弱い方の場合は心がけましょう。
アトピーや乾燥肌の場合、日々悪化の原因が近くにあります。汗を洗い流さなかったり、痒みが我慢できなくて掻きむしってしまったり、肌に負担を持たせる市販の洗浄剤で、皮膚を洗おうとしてしまうなど、ちょっとしたことでも悪くなります。
他にも食事やストレスなど、刺激につながりやすくなる原因となる条件を排除しなければいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *